【USED】JooDee JJB-60YS.B

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

懐かしのジョーディー、ジャズベースモデルJJB-60YS.Bをご紹介いたします。

70年代末期には雨後のタケノコのように国産各ギターメーカーにより多くのコピーモデルが生産されておりました。

ジョーディーブランドもそんな国産コピーブランドのひとつでありますが、ギャバンやゲドソン、トムソン、トーマス、ハリーなどとは一線を画すつくりと品質で、当時高級機種として憧れの的であったのを覚えております。

なにせ、このJJBが当時の高卒初任給が10万ちょっとであった時代に、なんと6万円もしたのですから、その高級ぶりがうかがえ知れようというものであります。

出品品は、そのディティール(ブロックポジションであること)や、「今、注目の立役者」なるコピー文言の入った当時のジョーディーカタログから、おそらくは76~78年頃のモデルと推察されます。

木目の美しいセンボディとしっかりと目の詰まったメイプルネック。
今となっては望むべくもない、手作り感のあるポッテリとした重厚かつ繊細かつド迫力の存在感あるジャズベースに仕上がっております。

前オーナーさまによって、ナットは精緻な加工がなされたブラス(真鍮)製にグレードアップがなされており、重低音の出力に貢献しています。

各所にキズやスレ、傷みが見られますものの、ネック真っすぐでフレット凹凸少なく、年式を考えますにコンディションは良い方と思われます。

トラスロッドも効いておりますので、ゲージ変更によるネック調整にも対応可能です。

入荷時にピックガードは近年ものに換装されており、キャビティやネジ孔と完全に合致しておりませんでした。
そのため、ネジの入っていない個所もございます。
また、PUやアッセンブリーもオリジナルかどうかは不明です。

ボディのエンドピンは少し傾いておりますが、演奏上支障はないものと思われます。

以上のような、かなりこなれた状態で発掘されたJOODEE JJB-60、約40年の時を経て貴男のもとに還ってまいりました。

ソフト―ケース付。

******************
■この商品は中古品ですので、キズやスレ、サビ、くもりなどがござい
ます。

■クリーニングと除菌を施して新品弦に張り替えておりますので、到着後すぐに気持ち良くお使いいただけます。
どうぞ末永くご愛用くださいませ。

■当店の商品は すべて店頭で手にとってお確かめいただけます。
ご注文後のお引き渡しも店頭で可能ですので、どうぞご遠慮なくお申し付けくださいませ。


【送料】
■北海道…2,100円 
■青森・岩手・秋田…1,750円 
■山形・宮城・福島…1,650円 
■群馬・栃木・茨城・埼玉・東京…1,500円 
■千葉・神奈川・新潟・山梨…1,500円 
■富山・岐阜・長野・静岡・愛知・石川・福井・三重…1,500円 
■大阪・滋賀・京都・奈良・和歌山・兵庫…1,350円 
■岡山・広島・山口・鳥取・島根…1,450円 
■香川・徳島・高知・愛媛…1,500円 
■福岡・佐賀・長崎・大分…1,500円 
■熊本・宮崎・鹿児島…1,650円 
■沖縄…2,450円

※送料についてご不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

※送料は
「送料一覧表」でもご確認いただけます。

※他の商品と同時にご注文される場合、送料が変更になることがあります。

  • 価格:37,000円
  • 完売しました

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

 

お知らせ・特商法

商品検索

お問い合わせフォーム

営業カレンダー

ピンクは定休日です
年末年始休業 12/29~1/4

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

 

ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません



安心・安全のオンラインクレジット決済

 

 

リバイブギターズ

〒561-0864
大阪府豊中市夕日丘1-3-8

06-6853-1490
revive@abelia.ocn.ne.jp
 
お店の場所と駐車場のご案内はこちら
 

 豊中本店
 
ヤフオク店
 火曜日定休

16:00~20:00
11:00~21:00
月一回連休有




リバイブギターズの
facebookを見てみる

 

 

 

 

 

もっと読むには


お店の情報と店長の動きが
まとめて読める
Revive Weekly
こちらから