【USED】GRECO リッケンバッカーモデル

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

現在におきましても欧米の有名なギターメーカーのコピー商品は数多く製作がなされております。
その多くは海外において生産がなされ、価格も安価で入門用としては入手しやすいモデルであります。

それに比べまして、70年代末から80年代初頭にかけての日本製の海外コピーモデルは価格も10万円クラス前後と当時としては高価でありました。
現在のものと比べて完成度が高く、2014年の現在においても人気が高くジャパンビンテージと称されてもてはやされております。

さて、ご紹介しますグレコのリッケンバッカーのコピーモデルはおそらく1970年代末期頃のモデルと推察されます。
型番はおそらくRB700(?)といったところではないでしょうか。

木取りはもちろんのこと各部のパーツも完成度が高く、ローズ指板にも本家のそれと同じくクリア塗装がなされており、「さすがグレコ!」と感嘆せずにはおられません。

ボディ材は塗られているので判然といたしませんが、そのゴリゴリとしたこのモデル特有のサウンドからセンもしくはメイプルではないかと思われます。

ブリッジミュートをしながらのダウンピッキングによるサウンドは、このベースならではの輪郭のはっきりとした音圧を持ったサウンドで、ロックベースにはこれ以上のものはないといった感がございます。


商品は中古品です。
クリーニングを施し各部の調整をして新品弦にしてございますので、到着後すぐに気持ちよくお使いいただけるものと存じます。

現状、045~のラウンドワウンド弦にてセッティングしておきました。
トラスロッドも効いておりますのでゲージ変更によるネック調整にも対応可能です。

30年以上経た個体でありますので、そこここに経年による劣化が見られます。
キズ・スレ・サビ・くもり、そして塗装のヤケなどご了解の上のご注文をお願い申しあげます。

また、コントロールつまみの4つのうち3つのメタルトップ部が剥落しておりますが、オリジナルを尊重してそのままにしてあります。
操作には影響ございませんのでご安心くださいませ。

コレクターの方というよりは、むしろプレイヤーのあなたにお使いいただきたい実戦ベースであります。


中古のソフトケース付(おまけ程度とお考えください)。

 

*****************

■この商品は中古品ですので、キズやスレ、サビ、くもりなどがございます。

■クリーニングと除菌を施して新品弦に張り替えておりますので、到着後すぐに気持ち良くお使いいただけます。
どうぞ末永くご愛用くださいませ。

■当店の商品は すべて店頭で手にとってお確かめいただけます。
ご注文後のお引き渡しも店頭で可能ですので、どうぞご遠慮なくお申し付けくださいませ。


【送料】
■北海道…2,100円 
■青森・岩手・秋田…1,750円 
■山形・宮城・福島…1,650円 
■群馬・栃木・茨城・埼玉・東京…1,500円 
■千葉・神奈川・新潟・山梨…1,500円 
■富山・岐阜・長野・静岡・愛知・石川・福井・三重…1,500円 
■大阪・滋賀・京都・奈良・和歌山・兵庫…1,350円 
■岡山・広島・山口・鳥取・島根…1,450円 
■香川・徳島・高知・愛媛…1,500円 
■福岡・佐賀・長崎・大分…1,500円 
■熊本・宮崎・鹿児島…1,650円 
■沖縄…2,450円

※送料についてご不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

※送料は「送料一覧表」でもご確認いただけます。

※他の商品と同時にご注文される場合、送料が変更になることがあります。

  • 価格:49,800円
  • 完売しました

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

 

お知らせ・特商法

商品検索

お問い合わせフォーム

営業カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません



安心・安全のオンラインクレジット決済

 

 

リバイブギターズ

〒561-0864
大阪府豊中市夕日丘1-3-8

06-6853-1490
revive@abelia.ocn.ne.jp
 
お店の場所と駐車場のご案内はこちら
 

 豊中本店
 
ヤフオク店
 火曜日定休

16:00~20:00
11:00~21:00
月一回連休有




リバイブギターズの
facebookを見てみる

 

 

 

 

 

もっと読むには


お店の情報と店長の動きが
まとめて読める
Revive Weekly
こちらから