【甦カスタム仕様】Crafter GAE648CD/N

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
当店謹製ゴールドピック付携帯ストラップ進呈!(非売品)

その価格帯からは考えられない高スペックと精緻な木工で定評のあるクラフターブランドのGAE648CDをご紹介いたします。

昨今は、ライブバーなどの比較的小スペースでのライブを楽しむアーティストが増えてまいりました。
ギター演奏家にとっても一昔前のように大がかりなアンプ&PAセットで演奏する機会は少なく、フルアコースティックの生音もしくは比較的小さな10W程度のアンプを自ら手元で操作して仕事をこなしてしまうといったケースが多くなってまいりました。

たいていのライブ会場は驚くほど狭く、かつステージ上も暗いといったことから、コンパクトでありながら鳴りがよく、エレアコであるならばプリアンプは操作性がよく視認性よく、信頼性のあるものがマウントされていなければなりません。

もちろん、エレアコとしての使用だけでなくアコギとしての鳴りも十分に考慮されたものが望ましいといえます。

ギター自体もジャカ弾きです済んでしまうフォークソングならまだしも、オブリは入れるはソロは入れるはタッピングはするはとなってまいりますと、やはりハイフレットまで指の届くカッタウェイ構造のギターが望ましいといえます。

そんな条件にピタリ、なおかつ気兼ねなく持ち運びのできる手ごろな価格帯のエレアコとしておすすめなのがこのGAEであります。

15フレットではじまるカッタウェイはエレキ並みにハイフレットも弾きやすく、握り込みのやさしいネックはマホガニーで、トップはセダーの削り出し単板、サイド&バックはローズと、スペック的にも文句のつけようがございません。

そして何よりもうれしいのが、アコギプリアンプで定評のあるLRバッグス社のものがマウントされていることであります。
先に申しあげたギター自体の構造とLRバッグスの組み合わせ、まさに鬼に金棒といったところでありましょう。

今回、この実戦的で高スペックな個体に当店独自の
甦(リバイブ)カスタムセットアップを施させていただきました。

なめらかに弾き心地よく出音よく、ストレスのない演奏を楽しんでいただけますようナット&サドル、そしてフレットを含めた総合的なセットアップを施しております。
特にフレットエッジの加工は入念になめらかに仕上げさせていただいております。

思う存分ふくよかなクラフターサウンドをお楽しみくださいませ。


定価:91,800円(税込)
リバイブギターズ三年保証
専用オリジナルセミハードケース付
Made in Korea
フレット仕上げ、リビルド:リバイブギターズ

*************************

当店の商品は すべて店頭で手にとってお確かめいただけます。
ご注文後のお引き渡しは店頭でも可能ですので、どうぞご遠慮なくお申し付けくださいませ。


【送料】
■北海道…2,100円 
■青森・岩手・秋田…1,750円 
■山形・宮城・福島…1,650円 
■群馬・栃木・茨城・埼玉・東京…1,500円 
■千葉・神奈川・新潟・山梨…1,500円 
■富山・岐阜・長野・静岡・愛知・石川・福井・三重…1,500円 
■大阪・滋賀・京都・奈良・和歌山・兵庫…1,350円 
■岡山・広島・山口・鳥取・島根…1,450円 
■香川・徳島・高知・愛媛…1,500円 
■福岡・佐賀・長崎・大分…1,500円 
■熊本・宮崎・鹿児島…1,650円 
■沖縄…2,450円

※送料についてご不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

※送料は
「送料一覧表」でもご確認いただけます。

※他の商品と同時にご注文される場合、送料が変更になることがあります。

  • 価格:74,800円
  • 完売しました

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

 

お知らせ・特商法

商品検索

お問い合わせフォーム

営業カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 29

ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません



安心・安全のオンラインクレジット決済

 

 

リバイブギターズ

〒561-0864
大阪府豊中市夕日丘1-3-8

06-6853-1490
revive@abelia.ocn.ne.jp
 
お店の場所と駐車場のご案内はこちら
 

 豊中本店
 
ヤフオク店
 火曜日定休

16:00~20:00
11:00~21:00
月一回連休有




リバイブギターズの
facebookを見てみる

 

 

 

 

 

もっと読むには


お店の情報と店長の動きが
まとめて読める
Revive Weekly
こちらから