【USED】Guyatone FLIP 300FC

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

グヤトーン社のプリチューブ(真空管)アンプ、FLIP300FCをご紹介いたします。

ご存じグヤトーン(東京サウンド社)は日本が世界に誇るギターアンプのトップメーカーでありました。
残念ながら昨年倒産してしまい、もはや同社の新製品を望むことは難しいかもしれません。

私など、このFLIPシリーズやフルトランジスタのZIPシリーズなどは馴染みが深く、安心していい音の出せるアンプとして信頼しておりました。

さて、昨今は10~30Wクラスのフルチューブ or プリチューブアンプが多数発売されております。

しかしながら、その多くにガッカリとさせられるのはその筺体の脆弱さ、それと音色の魅力に欠けるといったところであります。

チューブアンプの魅力は、その音のツヤと伸び、そして暖かさ、太さと音圧にあるのはもちろんのこと、アンプ自体のつくりがズッシリと重くシッカリ、ガッチリ組まれていることにあります。

この300FCは、そんなギタリストの要求をしっかりと受け止めてくれる優れた小型アンプといえるでしょう。

コントロール系はゲイン・マスター・ベース・ミッド・トレブルのイコライザーに加え、うれしいリバーブ付きであります。
また、スピーカーはセレッションと、これまたうれしい仕様となっております。


そして、このアンプのもっともうれしい機能は、ノーマル/ドライブがアンプ裏に備え付けられたスイッチにより切り替えが可能なことです。

ドライブ側にしますと、なんとも心地良いウォームでキメの細かいチューブサウンドを存分に楽しむことが可能です。

商品は中古品で座敷使いの美品であります。
コントロール一番右端のリバーブつまみがオリジナルではありませんが、作動に支障はございませんのでご安心ください。


経年変化から各ツマミを回した時にかすかにノイズが混じることがございますが、演奏上問題となるレベルではございません。

今となっては玉数少なく、状態の良いものを発見することが難しいFLIPシリーズ。
あなたのギターライフの座右のアンプとしていかがでしょうか。



30W出力
CONTROLS : Gain/Master/Bass/Middle/Treble/Reverb
Normal/Drive 切替SW

箱、取説は付属しておりません。


*************************

【送料】
■北海道…1,100円 
■青森・岩手・秋田…930円 
■山形・宮城・福島…880円 
■群馬・栃木・茨城・埼玉・東京…800円 
■千葉・神奈川・新潟・山梨…800円 
■富山・岐阜・長野・静岡・愛知・石川・福井・三重…800円 
■大阪・滋賀・京都・奈良・和歌山・兵庫…730円 
■岡山・広島・山口・鳥取・島根…780円 
■香川・徳島・高知・愛媛…800円 
■福岡・佐賀・長崎・大分…800円 
■熊本・宮崎・鹿児島…880円 
■沖縄…1,280円 

※送料についてご不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

※送料は「送料一覧表」でもご確認いただけます。

※他の商品と同時にご注文される場合、送料が変更になることがあります。

  • 価格:26,000円
  • 完売しました

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

 

お知らせ・特商法

商品検索

お問い合わせフォーム

営業カレンダー

ピンクは定休日です
年末年始休業 12/29~1/4

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

 

ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません



安心・安全のオンラインクレジット決済

 

 

リバイブギターズ

〒561-0864
大阪府豊中市夕日丘1-3-8

06-6853-1490
revive@abelia.ocn.ne.jp
 
お店の場所と駐車場のご案内はこちら
 

 豊中本店
 
ヤフオク店
 火曜日定休

16:00~20:00
11:00~21:00
月一回連休有




リバイブギターズの
facebookを見てみる

 

 

 

 

 

もっと読むには


お店の情報と店長の動きが
まとめて読める
Revive Weekly
こちらから