コンサートウクレレ用 高級エスニック柄ケース

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示

つくりのしっかりとしたおしゃれなエスニック柄の高級ウクレレケースをご紹介いたします。

ウクレレを買うと、黒い薄手のビニールケースが付属していることがよくあります。
はじめのうちは外に持って出かけることも少なく、練習のあとに入れておくためのものとしては付属のケースでも十分満足するものです。

ところが、だんだん弾けるようになってくるとマイウクレレがとても愛おしく可愛く思えてきて、もっと素敵なケースに入れてあげたくなってしまうという不思議な心理に駆られてしまいます。
演奏会やお友だち同士の集まりなどウクレレを持って出かけることも増えてくると、なおさらです。

そんなとき、手頃なお値段でかわいいケースがあれば気分もウキウキ、出かけるのがダンゼン楽しくなりますね♪
やっぱりかわいいマイウクレレは衝撃から大切に守ってくれる丈夫でしかもかわいいケースに入れてあげたいものです。

ご紹介するこのケースは、しっかりとしたエスニック柄の厚手の生地が採用されております。内部にクッションも施されておりますので大切なウクレレをしっかりと守ってくれます。

持ち手はちょうどよいサイズで、やわらかな、それでいてしっかりとした持ち心地です。
ファスナー部分は指を引っかけられる半円リング状になっておりますので、ストレスなく開閉することができる使い勝手のよいつくりとなっております。

背負えば両手が自由になる便利なリュック式ですので、身の回り品や楽譜、譜面立てなど他の手荷物があっても余裕です。

ケースのふた部分が大きく開閉できる設計となっておりますので、チャックを気にせず大切なウクレレを出し入れできるのもうれしいところです。

エスニック柄のマルチカラーは、どんなファッションにもマッチしてくれますし、男女を問わずお持ちいただけるかと存じます。ご家族で共有されるなんてのもいいですね。


当店ではチューナーやピッチパイプなど小物の収納に便利なミニポーチをお付けしてお届けいたします。
ウクレレをケースに収納した際、ネックの後ろにちょうど納まるサイズですので、ご活用いただけるとうれしいです。色は黒とピンクがお選びいただけます。ご注文の際にご指定くださいませ。

※ロングネックその他、特殊な形状のウクレレには対応しておりません。
※写真のケースは撮影用です。生地取りの場所によって柄に多少の誤差があります。


ケース全長:約65cm
内寸:約62cm
胴部分内寸:約21cm
深さ:約6.5cm
重量:約350g

************************

当店の商品は すべて店頭で手にとってお確かめいただけます。
ご注文後のお引き渡しは店頭でも可能ですので、どうぞご遠慮なくお申し付けくださいませ。

【送料】
■北海道…1,100
■青森・岩手・秋田…930
■山形・宮城・福島…880
■群馬・栃木・茨城・埼玉・東京…800
■千葉・神奈川・新潟・山梨…800
■富山・岐阜・長野・静岡・愛知・石川・福井・三重…800
■大阪・滋賀・京都・奈良・和歌山・兵庫…730
■岡山・広島・山口・鳥取・島根…780
■香川・徳島・高知・愛媛…800
■福岡・佐賀・長崎・大分…800
■熊本・宮崎・鹿児島…880
■沖縄…1280 

※お届け日時がご指定いただけます。

※他の商品と同時にご注文される場合、送料が変更になることがあります。

※送料についてご不明な点はお気軽にお問い合わせくださいませ。

※送料は
「送料一覧表」
でもご確認いただけます。

  • 価格:6,800円
  • 在庫あり
  • 注文数:

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

 

お知らせ・特商法

商品検索

お問い合わせフォーム

営業カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません



安心・安全のオンラインクレジット決済

 

 

リバイブギターズ

〒561-0864
大阪府豊中市夕日丘1-3-8

06-6853-1490
revive@abelia.ocn.ne.jp
 
お店の場所と駐車場のご案内はこちら
 

 豊中本店
 
ヤフオク店
 火曜日定休

16:00~20:00
11:00~21:00
月一回連休有




リバイブギターズの
facebookを見てみる

 

 

 

 

 

もっと読むには


お店の情報と店長の動きが
まとめて読める
Revive Weekly
こちらから